Webマーケティングとは何か

Webマーケティング。

ひと言でいうと簡潔ですが、具体的にはどのような作業が含まれるのか、ご存じでしょうか?

Webマーケティングの単語を分けると「Web」と「マーケティング」ですね。それぞれに含まれる意味はというと。「Web」は、あるサイトの構成やページの表現などが含まれるとします。そして、「マーケティング」には、ある目標に向かって、いかに集客し、そこからどれくらいのコンバージョン率(転換率)だったのかを計測し、集客の方法を検討することが含まれます。

従って、Webマーケティングとは、「Web」の部分と「マーケティング」の部分をひとまとめに行うことを、ここでは示します。すなわち、マーケティングを行い、その結果によってはサイトの構成やページの表現、またはマーケティングから流入するページ(ランディングページ)を変更するということを意味します。

WebマーケティングというとPCの分野のマーケティングと思われるかもしれませんが、集客の最適化だけではなく、Webサイトを含めて最適化していくというのが、Webマーケティングです。

そして、「Webマーケター」とは、マーケティングの最適化や費用対効果を算出するだけではなく、それぞれのマーケティングの方法にあったWebページの構成やランディングページの構成ができ、その結果がどのようになったのかを分析できる人です。

Webマーケターは、マーケティング手法の知識や情報だけではなく、サイト全体のことやランディングページの作り、最近のWebページについても知っておく必要があります。マーケティングを実施すれば、すぐに結果として現れます。その結果からどのようなことが導き出されるか、どこを改善すれば、目標に到達できるのかということを明確に分かる必要があるからです。

では、このWebマーケターは、なぜ必要なのでしょうか? マーケティングを専門で行う人だけいればいいのではと思いがちですが、なぜ“Webの”マーケターが必要なのでしょうか?

マーケターとWebマーケターの違いはユーザーの目線に立てるかどうかです。効率的に見込み客となるユーザーを集客するのは、マーケターでもWebマーケターでも可能です。インターネットが日本で使われ始めたころは、集客するだけ注目されるだけで、反響が出ていたと思いますが、最近はそうではありません。

Webサイトに集客した後、どこにユーザーをつなげたいのか、または、ユーザーにどのようなアクションをしてほしいのか、ということまで考えてマーケティングをしていかなければ、結果が出せないようになってきています。

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)